menu
Landschaft

グミと草間弥生

公開日:2019-07-16 カテゴリー:スケッチ タグ:

グミ(茱萸)。
鳥のふんから生えたものと思われる、実生の一団。

 

盆栽的な構成のかっこよさです。
実は、今の季節(6・7月)鈴なりで、見かけるとひとつ食べたくなります。でも、食べ過ぎるとふんづまりになるって言われませんでしたか?あの渋みがいいですよね。

 
グミは、葉も実も、草間弥生っぽい。

「クサマ・ハプニング」のトレード・マークの水玉模様。赤や緑や黄の水玉模様は地球のマルでも太陽のマルでも月のマルでもいい。形式や意味づけはどうでもいいのである。人体に水玉模様をえがくことによって、その人は自己を消滅し、宇宙の自然にかえるのだ。
自伝「無限の網」(作品社)より

 

グミは、もともと自然に帰ってるからいいのか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sponsored Link