menu
Landschaft

つくしと、自然との距離感と。

公開日:2020-04-13 カテゴリー:信州 タグ:

つくしが収穫されていたので、つくしの佃煮をつくる。

 

はかまのとりかたはこちらを参照。

ざっと洗うと、胞子が緑色でお抹茶のような水になる。(胞子が抜けているつくしはもうおいしくないのでご注意を。まだ頭が開いてないやつだけ摘みます。)

それを、みりんと醤油で煮る。だけ。

ごはんに乗せて食べると、けっこうおいしい。

でも、取った人たちは食べない。

ちなみに、こんな散歩道に生えていたつくし。

新型コロナで閉塞感のある奇妙な春。

でも、震災後の春よりは、自然に触れられるだけで、気持ちはずっと楽。
(当時は関東地方にいたので、草や土に触れられなかった)

人間のありかたや、自然との距離感を考え直すきっかけを、与えてくれているのでしょう。

まだ、分からないのかな、人間は。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sponsored Link