menu
Landschaft

のびる3段活用

公開日:2020-07-28 カテゴリー: タグ:

季節外れになってしまいましたが、備忘メモ。

土手とかに生えている、のびる。
そのまま味噌つけてかじるのもいいんですが、口がからい。

今年の春の発見としては、のびる醤油がおいしかったのです。刻んで、しょうゆに漬けておきます。ねぎ系の粘り気がでて、冷ややっこにぴったり。

 

メジャーなのは味噌ですよね。こどもが通っていた保育園ではのびるを「ねんぼろ」と呼んでいて、(信州の方言かと思ったけどそうでもない?)、うちではねんぼろみそと呼ばれています。刻んだねんぼろを油でいためて、みりんと味噌を混ぜます。ごはんに乗せて食べます。


(いい写真じゃなくてすみません)
ちなみに「のびるはしゃべるでほるんだよ はっぱをひっぱったてぬけないさ」byばばばあちゃん です。しゃべる持参のこと。

掘ってくるのはいいのですが、ラッキョウのような薄皮がついていて、剥くのが大変。目にしみます。お子らが、水泳用のゴーグルを装着してねんぼろの皮をむいてくれるのですが、掲載NGとのことでした(笑)。

春に、(農薬っぽくない)ねんぼろ群生地を見つけて、作ってみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sponsored Link